ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

傷だらけの結婚指輪 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「あなたのダークが魅力的な女性を連れ歩いてるわよ」噂好きな同僚が、さもうれしそうに話すのを聞くたび、ローラの心は後悔の念をともなってちくちくと痛んだ。十歳年上の敏腕弁護士ダークと電撃結婚して、四年を一緒に暮らした。けれど今、ローラがあまりに子供をほしがったせいで別居状態にある。“時計を巻き戻してすべてを帳消しにできるならなんでもするわ”そんな思いでいたローラに、久しぶりに会ったとき、彼は皮肉っぽい口調で告げた。自分は子供をつくれない体なのだ、と。ローラはもう一度やり直そうと懇願し…そのあげく、取り返しのつかない言葉を口にしてしまった。もう離婚の手続きをしようと決心した矢先、女性連れの彼と再会した。なんて趣味が悪い女性なの!ローラの心は激しくかき乱された。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

一番すてきな結婚式 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ウエディング・コンサルタントのケイトリンは二十八歳。ビジネスも軌道に乗りはじめ、恋人との仲も順調だ。ある日、結婚式の前に教会内の最終チェックをしているとき、彼女は参列者の中に一人の男性の姿を認めた。ペン・コールドウェル。かつて町の人々は―そして彼女自身も、ペンとケイトリンは遠からず結婚するものと信じていた。だが十年前のあの悲劇のあと、彼は放浪の旅に出てしまったのだ。「昔のよしみで踊ってくれないか、子猫ちゃん」式後のパーティで、かつての呼び名でダンスに誘われ、ケイトリンの心はあやしく揺れた。

エンジェル・キス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベビーシッターのテッサにまた新しい仕事の口がかかった。学校が夏休みの間、七歳の少年の世話をするという話だ。少年の父親マーク・レイランドは多忙なトラベル・ライター、母親は四年前、少年を置いて家を出ていた。その仕事を引き受けるかどうかは様子を見てから決めるつもりで先方の家を訪ねたテッサだったが、マークはほとんど強引に事を決めてしまった。常に自分の思いどおりにする男―それがマーク・レイランドだ。そんな彼のやり方に反発を覚えながらも少年の境遇を思うとテッサは同情せずにはいられなかった。

しあわせな出会い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クレシダは父の死後も身勝手な継母と暮らしていた。父は彼女に何も遺さず、家や財産はすべて継母の支配下にある。家には彼女が生まれた時から働いている家政婦のモギーがいた。クレシダはモギーを継母のもとに残して出ていく気にはなれず、モギーが父の遺産を受け取れるまでは家にとどまる決意だった。ある日足をくじいて動けずにいたところを通りがかりの医師に助けられたクレシダはそのオランダ人医師オルドリックに思いを寄せるようになる。やがてモギーは父の遺産を受けられることになり、クレシダも老婦人の話し相手の仕事を得て家を出た。すべてはオルドリックのはからいとも知らずに…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ニールズ,ベティ
英国西部の生まれ。2001年6月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

セクシーな遺産 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「伯母上はあなたにすべてを残されました」弁護士の言葉は、ジェシカにとって青天の霹靂だった。たしかに二カ月前、伯母と名乗る女性がいきなり訪ねてきた。でも、亡き母はいつも自分には身寄りは一人もいないと言っていた。しかも伯母という人はろくに話もせずに帰ってしまった。なのに私に遺産を?五十万ドルにノーフォークの島の数エーカー。それには奇妙な条件がついていた。島で最低一カ月は暮らすこと、居候しているミスター・スレイドをそのまま住まわせること。ミスター・スレイドっていったい何者なの?伯母の愛人?事情がわからないまま、仕方なくジェシカは島に向かった。ああ、ミスター・スレイドがこんなにセクシーな男性だったなんて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

裏切りの結末 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
それは一本の電話から始まった。夫の浮気を告げる一本の電話。レイチェルの世界は音をたてて崩れていった。仕事で忙しくしているとばかり思っていた夫が毎晩、女と出歩いていたなんて。だが、そう言われてみれば、思い当たる節はあった。寒々しい夫婦生活、スーツにかすかに漂う香水の香り、幾晩も家を空けた日々。レイチェルは絶望に襲われ、同時に、鏡の中の疲れきった自分の姿に愕然とした。幼妻として結婚して七年。子育てに追われ成長しないでいるうちに、夫は変わり、家の外で別の生活を楽しんでいたのだ。帰宅した夫は、妻の疑いを否定しようともしなかった…。

内容(「MARC」データベースより)
それは夫の浮気を告げる1本の電話から始まった。レイチェルの世界は音をたてて崩れていった。仕事で忙しくしているとばかり思っていた夫が、毎晩、女と出歩いていたなんて。レイチェルは絶望に襲われ…。

一番すてきな結婚式 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ウエディング・コンサルタントのケイトリンは二十八歳。ビジネスも軌道に乗りはじめ、恋人との仲も順調だ。ある日、結婚式の前に教会内の最終チェックをしているとき、彼女は参列者の中に一人の男性の姿を認めた。ペン・コールドウェル。かつて町の人々は―そして彼女自身も、ペンとケイトリンは遠からず結婚するものと信じていた。だが十年前のあの悲劇のあと、彼は放浪の旅に出てしまったのだ。「昔のよしみで踊ってくれないか、子猫ちゃん」式後のパーティで、かつての呼び名でダンスに誘われ、ケイトリンの心はあやしく揺れた。

危険な嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
タニア・カーターは、子供靴専門の店を開くため、一人娘のルーシーとともに、チェシャーの小さな町に越してきた。ルーシーが生まれたのは十一年前、タニアが十八の時だった。身寄りのない母と子だけの生活は苦しかった。でもこれからは…。念願だった店を持ち、このまま順調にいけば、大事な大事なルーシーに、古着以外の服だって買えるかもしれない。だが、店に現れた町の有力者の言葉で、未来に暗雲が漂い始めた。「義弟とすぐに別れろ。さもないと店の妨害をする」いったい何のこと?身に覚えはないわ。そんなタニアの抗議を、その男ジェイムズは聞こうともしない。

内容(「MARC」データベースより)
念願だった子供靴専門の店を開くため、娘のルーシーとともに小さな町に越してきたタニア。だが、店に現れた町の有力者ジェイムズは、義弟と別れないと店の妨害をすると言う。身に覚えのないタニアは抗議するが…。

熱い胸騒ぎ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ナディーンはトップモデルからの転身の道を探ろうとモーニングショーの司会者のオーディションを受けにテレビ局を訪れた。偶然、局の玄関でトーク番組に出演していたショーンと再会し、動揺を隠してさりげなく彼と言葉を交わしたあと別れた。ショーンは映画プロデューサーで、かつてナディーンの夫だった人。相変わらず魅力的だが、久しぶりに見る顔はどこかやつれていた。離婚して一年、もう心の傷は癒えたと思っていたのに…。その後彼の映画会社が経営困難に陥っているという噂を耳にし、さらに彼がつき合っている女優と結婚するらしいと聞いて新たな衝撃を受けたナディーンは気分転換に南の島へ行こうと思い立つ。しかし出発の日、ショーンが行方不明だという知らせが入った。

内容(「MARC」データベースより)
ナディーンはトップモデルからの転身の道を探ろうと、モーニングショーの司会者のオーディションを受けにテレビ局を訪れた。偶然、局の玄関でトーク番組に出演していたショーンと再会し、彼と言葉を交わしたあと別れたが…。

上役にご用心 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テイマーは大手新聞社の役員秘書。美人で有能という評判の彼女も過去のあやまちから社内恋愛は絶対しないと固く誓いをたてている。ある日突然、会社が吸収合併されて新しい上司がやってきた。“ドラゴン・マン”と異名をとるダーガン・カーマイケルは、情け容赦のない経営と名うてのプレボーイとして知られる有名人。おまけに初対面のテイマーを掃除に来たと間違える始末だ。第一印象こそ最悪だったものの、ダーガンの仕事ぶりや心遣いにテイマーも次第に心惹かれていく。でも、“社内恋愛厳禁”という自分の主義は絶対に曲げたくない。とはいえ、このままダーガンのそばにいると決意も揺らいで…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェルズ,アンジェラ
学校卒業後、エキサイティングなロンドンの広告業界に身を置き、キャリアを積んだ。同僚と結婚し、男の子が一人。しばらくは育児に専念したが、趣味として小説を書き、これが作家としての出発点となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}

oooアキバ中毒のページooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo おいしいくだものメニューooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo フード、ドリンク.コレクションooo もっと知りたい!練馬区ooo 川は生きているooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 渋谷ぶらりooo うまい米@千葉ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 歴史千葉ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo Fight!格闘技オタク!ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 千葉の道の駅ooo ぎょうざ@千葉ooo