ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

恋は潮風に乗って (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
祖父とたった二人、船で太平洋の島々を巡っていたエンジェルだが、その祖父が海に葬ってほしいと言い残して息をひきとった。エンジェルはシー・フィーバー号からゴムボートでバリ島に上陸し、助けを求めるために、浜辺に立つ邸宅に入っていった。主らしい日焼けした男性に事情を話すと、チャールズというその男は力になってくれると言う。翌日、領事館の役人の立ち合いのもとに、無事に葬儀は終わった。船に戻ろうとするエンジェルは、チャールズから朝食に誘われる。「昨夜は鎮静剤がきいて、よく眠れたようだね」彼は何げなく言った。エンジェルは叫んだ。「私に薬をのませたとおっしゃるんですか?」。

内容(「MARC」データベースより)
祖父とたった2人、船で太平洋の島々を巡っていたエンジェルだが、その祖父が海に葬ってほしいと言い残して息をひきとった。エンジェルはシー・フィーバー号からゴムボートでバリ島に上陸し、助けを求めたが…。

眠る彫像 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
古文書学という堅い学問を専攻したのが災いしたのか、フランシスは大学を卒業したあといまだ就職口が見つかっていない。やむなくアルバイトをして急場をしのいでいたがようやくチャンスは訪れた。大地主カーソイズ家で古文書保管員を一人採用したがっているというのだ。ここで働くことはフランシスにとって願ってもないことだった。当主ハリー―彼はかつて新聞のゴシップ欄を賑わせ、少女時代の彼女の憧れの人だった。そして邸内の霊廟には不思議な魅力をたたえたあの彫像が横たわっている…。フランシスは期待と不安に胸躍らせてカーソイズ邸へ向かった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョージ,キャサリン
ウェールズ生まれ。エンジニアと結婚し、九年間ブラジルに暮らす。その後、息子と娘の教育のためにイギリスに滞在することが多くなり、一人で過ごす夜に小説を書くようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

セカンド・ラブ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セイラはひそかにイアンを愛し、彼が十年前に会社を始めて以来、彼のもとで献身的に働き続けてきた。だが、今日ついに退社を決意した。突然イアンから婚約したことを告げられたのだ。その上、彼のフィアンセに侮辱され、別の仕事を探すよう言われた。傷心のセイラは、ロンドンを離れ、両親の住む、懐かしい故郷へと車を走らせる。家にたどり着いてみると、両親のいる気配はまるでなく、玄関の前に止まっていた車から見知らぬ男が降り立った。「君、セイラだね」背の高い、泥だらけの男は言った…。

内容(「MARC」データベースより)
セイラはひそかにイアンを愛し、彼が10年前に会社を始めて以来、彼のもとで献身的に働き続けてきた。しかし彼に婚約したことを告げられ、彼女は職を辞し故郷へと帰ることを決意する。両親の家に着くと、彼女を待ちうける1人の男性がいた…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

結婚は天使のために (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
こんな冷たい人に赤ん坊は渡せない。ウェンディは電話を切った。両親には渡さないでと、死の床の友人マリッサに託されて五カ月、幼いロリーはウェンディの喜びとなりつつあった。だが会社が倒産し、解雇を通達された今、ほかに方法はなかった。彼女は大企業の社長であるマリッサの父に電話した。が、まるで恐喝犯のように扱われ、貧しくても自分で育てたほうがロリーのためだと考えたのだった。翌週、どこで居場所を調べたのかマリッサの兄が雪のシカゴからフェニックスまで訪ねてきた。電話の相手は実は彼だったのだ。傲慢そうで魅力的な男だ。孫を引き取りたい彼の両親。強い絆で結ばれたロリーとウェンディ。すべてを解決する完璧な方法が一つだけあると彼は言う…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マイケルズ,レイ
新聞記者を経て、ロマンス小説家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

別れても愛しくて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ジェシカは本当にぼくの娘なんだね?」二十年ぶりに別れた夫ルイスと再会し、レイシーは動揺した。娘のジェシカが大学に入学して家を離れ、以来レイシーは夜ごとルイスの夢に悩まされてきた。十八歳のときに彼との短い結婚生活に終止符を打ち、それ以後まったく顔を合わせていないにもかかわらず、夢は、あの遠い昔の情熱的な日々を生々しく再現する。ルイスは妻が妊娠していることを知らないまま、離婚を言い渡した。すると、彼は娘を奪いに来たのだろうか?いいえ、そんなことではないらしい。レイシーはそう直感した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーに夫とともに暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

祭りの夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南スペインで映画『危険な真夜中』のロケが行われていた。監督のセブ・コーベルは数々の賞を受賞した実力派で、スタッフも優秀なはずなのに、なぜか撮影中に事故が続発する。何人ものスタント・ガールが仕事をおり、結局、最高のプロであるジョーのところに破格のギャラで出演依頼がきた。彼女は本当は気が進まなかった。主演女優のアンナ・ベスと以前仕事をしたとき、いやな思いをさせられたからだ。だがジョーにはある事情があって、どうしても大金が必要だった。ロケ地に着いたとたん、ジョーは監督セブの強い個性に圧倒された。なんだか悪い予感がする…。

恋はほろにがく (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ナタリーは大企業の社長秘書として働きはじめて五年になるが、ひそかに社長ケインへの恋心を温めてきた。強引でやり手の彼は黒髪と緑の瞳の持ち主で、男性的魅力にあふれている。しかし最大の欠点は、女ぐせの悪いこと。ナタリーは次々と女性を替えるケインに嫌悪感も抱いていた。それでもなお思いはつのる一方だ。なんとか気持をふっきろうとある日、友人の弟とデートしてみるが、友情以外は芽生えない。ナタリーの陰に男性の気配を感じとったケインは彼女の私生活にまで何かと口出しするようになる。従順な秘書に恋人ができたら、仕事に支障をきたすと思ってるのね。いくら社長でもあんまりだわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
キャシー,ウィリアムズ
トリニダードの出身で、トリニダード島とトバゴ島、二つの島で育つ。奨学金を得てイギリスに渡り、1975年エクスター大学に入学して語学と文学を学んだ。大学で夫のリチャードと出会い、結婚後はイングランドに暮らす。中部地方在住。三人の娘がいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

つらい別れ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
五年前、フランセスカは、やむにやまれぬ事情から第九代リンガード伯爵ウィリアム・クウェンティン―ウィルと別れた。その後、彼女は会社勤めを始め、今は自分のフラットで暮らしている。フランセスカは、この半年、正体不明のストーカーにつきまとわれていた。ある夜帰宅すると、フラットの浴室の窓が割られていたうえ、追い討ちをかけるように不気味な電話がかかってきた。彼女はパニックに陥り、安全な場所を求めてウィルの屋敷に車を走らせた。五年たっても彼は相変わらず魅力的だった。フランセスカは自分がまだウィルを愛していると気づいたが、彼には再婚話が持ち上がっていた。花嫁候補は資産家の美しい娘だ。フランセスカはウィルの幸せを願って自分の気持をひたすら押し隠し、何も告げずに彼の屋敷を立ち去ろうと決心する。

内容(「MARC」データベースより)
正体不明のストーカーにつきまとわれパニックに陥ったフランセスカは、5年前に別れた伯爵ウィルの屋敷に車を走らせた。相変わらず魅力的な彼…。しかし彼には、資産家の美しい娘との再婚話が持ち上がっていたのだった。

二十九枚の銀貨 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一人っ子のジェシカは大学を卒業後、父の経営する銀行に入った。銀行業の基礎を学び、いずれは父の跡を継ぐために…だがその重責と銀行の堅苦しさに息が詰まりそうだった。そんなとき、人生を変える出来事が起こった。銀行が強盗に襲われ、ジェシカが拉致されたのだ。その事件をきっかけに彼女は銀行をやめて田舎に移り住み、今はタペストリーを織りながら一人ひっそりと暮らしている。ある日、ジェシカは村の郵便局に出かけ、あとから来たダニエル・ヘイワードに引き合わされた。そして次に入ってきたのは、覆面をして銃を手にした男だった。

内容(「MARC」データベースより)
ジェシカは大学卒業後、父の経営する銀行に入ったが、銀行強盗に拉致されたのをきっかけに辞め、田舎に移り住んだ。ある日、彼女は村の郵便局に出かけ、あとから来たダニエルに引き合わされた。そして次に入って来たのは覆面をして銃を手にした男だった…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

上役にご用心 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テイマーは大手新聞社の役員秘書。美人で有能という評判の彼女も過去のあやまちから社内恋愛は絶対しないと固く誓いをたてている。ある日突然、会社が吸収合併されて新しい上司がやってきた。“ドラゴン・マン”と異名をとるダーガン・カーマイケルは、情け容赦のない経営と名うてのプレボーイとして知られる有名人。おまけに初対面のテイマーを掃除に来たと間違える始末だ。第一印象こそ最悪だったものの、ダーガンの仕事ぶりや心遣いにテイマーも次第に心惹かれていく。でも、“社内恋愛厳禁”という自分の主義は絶対に曲げたくない。とはいえ、このままダーガンのそばにいると決意も揺らいで…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェルズ,アンジェラ
学校卒業後、エキサイティングなロンドンの広告業界に身を置き、キャリアを積んだ。同僚と結婚し、男の子が一人。しばらくは育児に専念したが、趣味として小説を書き、これが作家としての出発点となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}
{ロマンス天国〜時代物} {SF狂い.com}

ooo和菓子de千葉はんなりooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo お笑いタレントooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo シブヤをよく知る為のサイトooo Simple Smoker(シンプルスモーカー)ooo ネット証券比較っすooo 千葉のトピックス!ちばとぴっ!ooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo 将棋好き好き@千葉ooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 渋谷ぶらりooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo